劇団「ロロ」の世界展

2018.04.25

2018年3月21日~4月15日/SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

劇団「ロロ」の世界展 in SPBS 劇団「ロロ」の世界展 in SPBS 劇団「ロロ」の世界展 in SPBS 劇団「ロロ」の世界展 in SPBS 劇団「ロロ」の世界展
□女生徒(太宰治)
□シンドローム(佐藤哲也)
□さようなら、ギャングたち(高橋源一郎)
□星座から見た地球(福永信)
□ソングライン(ブルース・チャトウィン/翻訳:北田絵里子)
□動物化するポストモダン(東浩紀)
□テヅカ・イズ・デッド(伊藤剛)
□異形の愛(キャサリン・ダン/翻訳:柳下毅一郎)
□ピンポン(パク・ミンギュ/翻訳:斎藤真理子)
□夫のちんぽが入らない(こだま)
□最愛の子ども(松浦理英子)
□あなたを選んでくれるもの(ミランダ・ジュライ/翻訳:岸本佐知子)
□クイック・ジャパン128号 LIFE大百科
□途方に暮れて、人生論(保坂和志)
□寝ても覚めても(柴崎友香)
□オスカー・ワオの短く凄まじい人生(ジュノ・ディアス/翻訳:都甲幸治)
□茄子の輝き(滝口悠生)
□さよならバグ・チルドレン 山田航歌集(山田航)
□島はぼくらと(辻村深月)
□ぼくは勉強ができない(山田詠美)
□IP / NN 阿部和重傑作集(阿部和重)
□サマー/タイム/トラベラー(新城カズマ)
□ギフト(古川日出男)
□レヴォリューション No.3(金城一紀)
□グラン・ヴァカンス(飛浩隆)
□春期限定いちごタルト事件(米澤穂信)
□夏期限定トロピカルパフェ事件(米澤穂信)
□秋期限定栗きんとん事件(米澤穂信)
□贖罪(イアン・マキューアン/翻訳:小山太一)
□しろいろの街の、その骨の体温の(村田沙耶香)
□世界は密室でできている。(舞城王太郎)
□断片的なものの社会学(岸政彦)
□第四の手(ジョン・アーヴィング/翻訳:小川高義)
□ぼくは落ち着きがない(長嶋有)
□あるきかたがただしくない(枡野浩一)
□失恋論(切通理作)
□雪の練習生(多和田葉子)
□さえずり言語起源論(岡ノ谷一夫)
□涼宮ハルヒの憂鬱(谷川流)
□コミック版 涼宮ハルヒの憂鬱(原作:谷川流/漫画:ツガノガク)
□イリヤの空、UFOの夏(秋山瑞人)
□星の子(今村夏子)
□光ってみえるもの、あれは(川上弘美)

劇団ロロ主宰の三浦直之さんセレクトした本を購入すると、三浦さんによる特製ブックカバーがもらえるのが嬉しい。
本屋さんだからこその好企画。

上記のリストは、三浦さんがツイートされていた「ロロをかたちづくった20冊×2」と、実際店頭に置かれていた本を合わせたものです。

TEXT・PHOTO:内古閑

事務所トイレ

2016.09.15

事務所トイレ

緑化計画

TEXT・PHOTO:内古閑

ヤコブセンだったり、アイフォン割れたり

2016.04.15

デンマークのブランド「DESIGN LETTERS」のポップアップショップで友達が店員をしているというので、スタッフみんなで覗きに。青山スパイラルの1階で、4月17日(日)まで。

アルネ・ヤコブセンがデザインした書体で、テーブルウェアの展開。
これは良くて当然。ずるい! カラフルな蓋も可愛い。

弊社の中にもヤコブセンがデザインしたものが、テーブル、椅子、フロアランプ、時計……と結構あるな。

アルネ・ヤコブセン/DESIGN LETTERS アルネ・ヤコブセン/DESIGN LETTERS

ランチには遅い時間でも美味しいもの食べられるから重宝しているCITYSHOPでご飯。
オーナーの吉井さん、たまに近所でお見かけする。

CITYSHOP CITYSHOP CITYSHOP

「量、多いから注意してね」と言ったのに、盛り盛りのスタッフ達の皿。
サーモンのハニーマスタードロースト、ひじき蓮根かぼちゃマリネ、秋刀魚の奈良漬山椒サルサ、玄米リゾットほか。

食後は、オオクボリュウさんの初個展『Like A Broken iPhone | アイフォン割れた』。
僕もオリジナルのカーペットを作りたいと思った。
こちらは、西麻布のCALM & PUNK GALLERYで、24日(日)まで。

オオクボリュウ 個展[Like A Broken iPhone | アイフォン割れた] オオクボリュウ 個展[Like A Broken iPhone | アイフォン割れた] オオクボリュウ 個展[Like A Broken iPhone | アイフォン割れた]

そして、事務所にCHP ver.ヤコブセン
友達からは、「社名を全文字買って」、「スタッフ全員のイニシャルを買って」と言われたけれど…

アルネ・ヤコブセン/DESIGN LETTERS

TEXT・PHOTO:内古閑

OUR FAVOURITE SHOPのフリマ

2016.03.23

2016年3月16日~3月24日/OUR FAVOURITE SHOP

スタッフ研修つづきの弊社ですが、今回はみんなで、KIGIショップこと「OUR FAVOURITE SHOP」のフリマへ。

「植原さん、渡邉さんが着てるの見たことあるかも」な服から、「なんで、これ買ったんだろ?」な謎のものまで。

ドラえもんのひみつ道具とか(僕もスタッフも買いました)、使用期限の切れたポラロイドフィルム、僕も持ってるカウフマンズ邸のレゴ、数年前のADC年鑑なんてものまで。

OUR FAVOURITE SHOPのフリマ OUR FAVOURITE SHOPのフリマ OUR FAVOURITE SHOPのフリマ OUR FAVOURITE SHOPのフリマ OUR FAVOURITE SHOPのフリマ

そして、かわいい子を連れて帰ってきました。

TEXT・PHOTO:内古閑

PLACER WORKSHOP

2016.01.23

CURATOR’S CUBEでの展示を見て以来、行きたいと思っていた、
福岡にある蘭専門店PLACER WORKSHOP(プラセール・ワークショップ)へ。

スケボーやスニーカーに着生させた原生蘭と、店主の内田洋一朗さんによるタイポグラフィの組み合わせに囲まれる空間。

PLACER WORKSHOP PLACER WORKSHOP PLACER WORKSHOP PLACER WORKSHOP PLACER WORKSHOP PLACER WORKSHOP ちっこいのを東京へお持ち帰り、湿度の高そうなキッチンとトイレに。
毎朝、霧吹きする生活。かわいい。


PLACER WORKSHOP PLACER WORKSHOP

『LET IT GO, LET IT GO.』展 at CURATOR’S CUBE

PLACER WORKSHOP(プラセール・ワークショップ)
福岡市中央区薬院2-18-10-102
http://www.placer-workshop.com

TEXT・PHOTO:内古閑

可能性の獣

2015.04.19

150330

岡田が退社する時に、僕から贈った絵。

岡田が入社当時、「一番好きなイラストレーター」だと言っていた網中いづるさん。

いつか、岡田が卒業する時に贈ろうと思い、網中さんの個展で購入し、保管していたもの。

一旦は卒業だけど、また一緒に働ける可能性の未来もあるはず…
と思いながら写真を眺める日曜の深夜。

TEXT・PHOTO:内古閑

GRV2623 冬景色

2015.02.22


GRV2623 冬景色

この冬は雪が降らないから、部屋で雪景色を眺めてる。

TEXT・PHOTO:内古閑

ひかりはゆがみ

2014.04.01


北沢平祐 or PCP『そして、ひかりはゆがみ』

事務所の廊下に北沢平祐さんの絵を飾る。
購入した時期、ちょうど『凪のあすから』のデザイン真っ最中の時だったこともあり、二人の女の子が海に潜る絵(右)は、特に心を惹かれた。どこかしら『凪のあすから』のデザインにも影響があるような…ないような…。

[右]Vは、別な何かに変わり果てた星と流れ出す闇、闇、闇のV
[左]Cは、黒猫横切り、髪切りすぎ、両目が露出、ステレオビジョンで世界は立体的にのC

TEXT・PHOTO:内古閑

部屋とルームシューズと私

2013.01.17

ルームシューズ

弊社のアシスタントさんたちの履いてるルームシューズが、みんな可愛いので「負けてらんねぇ」と自分も可愛いの買ったった。あったかいし、良いよい。

TEXT・PHOTO:内古閑

ページトップ