第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」

2017.05.20

2017年4月4日~5月20日/クリエイションギャラリーG8

第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 キギの渡邉良重さんの展示、最終日に滑り込み。本日は渡邉さんご本人も在廊。
洋菓子展AUDREY(オードリー)のパッケージを中心に、これまでの仕事も。

「デザイン」と「イラスト」の距離感。ある意味で理想型のひとつ。
たらればな話だけれど、渡邊さんのイラストを別のデザイナー(キギ植原さんでもなく)がデザインしたら、どう見えるのかも気になる。

第19回 亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」 さっそく帰り道、AUDREYのお菓子を買って、きょうのおやつに。
ただ、残念ながら焼き菓子は全て完売。

TEXT・PHOTO:内古閑

佐藤直樹個展『秘境の東京、そこで生えている』

2017.05.16

2017年4月30日~6月11日/アーツ千代田 3331

佐藤直樹個展『秘境の東京、そこで生えている』 170516b 170516c 170516g 佐藤直樹個展『秘境の東京、そこで生えている』 170516e 170516f 170516h 170516i 佐藤直樹個展『秘境の東京、そこで生えている』 元ソイグラフィカで、元アジール・デザインで、現アジールのアートディレクター佐藤直樹さんの増殖し続ける現在進行形の個展。地下の会場では、“NAOKI drawings @ sagacho archives”も同時開催。

TEXT・PHOTO:内古閑

柳本浩市展 アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの

2017.04.29

2017年4月29日~6月4日/six factory

170429a 170429b 柳本浩市展 アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの 170429d 170429e 日用品のパッケージ、カタログ、ノベルティ、テキスタイル……
ただただ、柳本さんの蒐集物の量に圧倒される。

170429f 170429g ちょっと休憩。
柳本さんゆかりの居酒屋の定番メニューだという、特製ナポリタン焼きそば、モヒートを。

170429h 170429i IBM、Apple、Olivetti、BRAUN、Polaroid……貴重な資料ばかり。

170429j 170429k 170429l 音楽コーナー。
まさかの僕がまだ上京したばかりの頃にデザインしたものまで!
この頃はフリーデザイナーとして食べていけなくて、まだアルバイトしていた頃だ……

170429m 170429n ホンマタカシさんのファイルの厚さ!
奥山由之さんのファイルの中身はGINZAのスクラップが数枚。
柳本さんがご存命だったら、この後、初の写真集リリースもあったし、もっと増えたんだろうな。

170429o 170429p グラフィックデザイナーのファイル棚。
僕も学生時代から、CTPP信藤三雄さんファイル、groovisionsファイル、小野英作さんファイルといった感じに分けてファイリングしていて、このジャンルだけは柳本さんよりも多い自分。


170429q 170429r 勉強家というか、本当に好きなんだなぁ、って。


170429s 柳本浩市展 アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの いつまでもファイルを開いて見ていたかった。
大好きなチオベンも出店していて、おにぎりセットで〆。

会期中、また行きたいな。

センキュー ポップカルチャー 全般
君も僕も いい歳さ
センキュー メモリースティック 満タン

な気分になりました。

TEXT・PHOTO:内古閑

チャッピー × スターライト学園

2017.04.18

チャッピー 2017 Winte

groovisionsからチャッピーがやってきて早数ヶ月。
春物に着替えさせる前に、冬服を記念撮影。

今年はグルビ上京20周年。僕も上京20周年。
表参道のギャラリーROCKETで、グルビの伊藤さんに話しかけて20周年。
緊張して、あ、あぅ…あ…くらいしか声が出なかったような。

いろいろな節目。法人化して10周年でもあります。

TEXT・PHOTO:内古閑

西村ツチカ原画展

2017.02.13

2017年2月7日~2月26日/グラニフ原宿ギャラリー

西村ツチカ原画展 西村ツチカ原画展 西村ツチカ原画展 西村ツチカ原画展 西村ツチカ原画展

PHOTO:内古閑

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』

2017.01.30

2017年1月6日~1月15日/スパイラルガーデン

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 お出迎えは着物チャッピー。着付けはスパイラルのチーフキュレーターさん。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 “グルビのフォント”といえば「Helvetica Neue」のイメージが強いですが、今回は「Gotham」。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 20年以上前の京都時代のものから2016年デザインのものまでをフラットに展示。古さを感じない凄さ。
この写真に写っているものだと、僕は39個持っていた。思っていたより少なかった。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 今回の展覧会タイトルの由来でもある、高さ約2.4メートル、幅約13メートルの“5×27”比率のスクリーンに新作映像。
新作映像「cat」が特にツボ。ソウル・バスの名作タイトルバック『Walk on the Wild Side』をちょっぴり思い出す。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 新作映像の次は、新作チャッピーの展示。いつもペイントの瞳が義眼に。
「もっと気味悪くしたかった」とか、なんとか。これはこれで悪くない。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 もうひとつの新作は子供チャッピー。手には、グルビ伊藤さんのブログにも一時期よく登場したラスカル。
目の前に三脚が置いてあり、独りでも家族写真が撮れる。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 昨年、京都でオープンしたグルビの経営のお土産屋さん『三三屋(みみや)』の出張店舗。
「三三屋」の筆文字は、「今年の漢字」を書かれている京都・清水寺貫主によるもの。

ベニヤ板の壁は、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで2011年に開かれた『ジー ジー ジー ジー』展の時のリユース。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 三三屋出張店舗の店内は、京都店と同じ棚でレイアウトも似た感じ。
壁には、ポーラ・ミュージアム・アネックス『Lesson 2012』展で公開された「チャッピーシステム」を再展示。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 併設のスパイラルカフェの入口には、ギャルソンチャッピー。

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 スクリーンの映像を眺めながら……

グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 チャッピーの旗付き「大人のためのお子様ランチ」を食べたり。


グルーヴィジョンズ『GROOVISIONS 5×27』 こんなところにも!?(気付かなかった人もいるのでは)

TEXT・PHOTO:内古閑

■過去記事:お土産セレクトショップ三三屋

マクドナルド田端駅前店

2017.01.12

マクドナルド田端駅前店 マクドナルド田端駅前店 マクドナルド田端駅前店 マクドナルド田端駅前店 マクドナルド田端駅前店

壁面グラフィックは、おなじみgroovisions(グルーヴィジョンズ)。
スパイラルガーデンで開催中の展覧会『GROOVISIONS 5×27』の写真は後日アップ予定。

TEXT・PHOTO:内古閑

トラフ建築設計事務所『トラフ展 インサイド・アウト』

2016.12.17

2016年10月15日~12月11日/TOTOギャラリー・間

トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト トラフ展 インサイド・アウト

トラフ建築設計事務所の仕事が大好きなんだけれど、今回の展示もひとつ作品だな、と。トラフランド。
同じく一種の発明的な展示だった、groovisionsの銀座[ジー ジー ジー ジー]展、そこからまた発展させた大阪[デー デー デー ジー]展を見た時のことも思い出した。
トラフ、すごいな。

TEXT・PHOTO:内古閑

Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』

2016.11.09

2016年10月15日~10月31日/歌舞伎町振興組合ビル

Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』 Chim↑Pom『また明日も観てくれるかな? ~So see you again tomorrow, too?~』

Scrap and Build

PHOTO:内古閑

『SAGAN GA』展

2016.10.23

2016年9月2日~10月16日/竹尾 見本帖本店

『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展 『SAGAN GA』展

竹尾の新しい紙「サガンGA」を紹介する展示。

紙のプロモーションを、架空のアパレルブランド「SAGAN GA」のショップ空間にする、というアイデアに唸る。
アートディレクションは、groovisions。流石。

リアルすぎず、かと言ってデフォルメしすぎない、絶妙な匙加減のシルエットで作られたアイテムたち。

groovisions伊藤弘さんとDICカラーデザイン後藤史子さんのトークイベントも勉強になりました。

TEXT・PHOTO:内古閑

ページトップ